顧問のご紹介




田口善弘
中央大学 理工学部
物理学科 教授 理学博士
経歴:
1988/04-1997/03 東京工業大学理学部物理学科助手
1989/10-1990/09 ドイツ連邦共和国 Forschungszentrum Juelich GmbH 研究員
1997/04-2006/03 中央大学理工学部助教授
2006/04-現在 中央大学理工学部教授
2009/03/15-2010/03/15  欧州バイオインフォマティクス研究所訪問教授

学歴:
1984/03  卒業東京工業大学理学部応用物理学科
1986/03  修了東京工業大学理工学研究科物理学専攻博士前期
1988/03  修了東京工業大学理工学研究科物理学専攻博士後期

学位:
理学博士(東京工業大学)

所属学協会:
1984/04-  日本物理学会
2006/01-  日本バイオインフォマティクス学会
2006/01-  情報処理学会

研究テーマ:
2012/04-2015/03  MiRaGE法を用いたmicroRNA標的特異的なエピジェネティックマーカーの研究
2012/04-2015/03  生物多様性・活性指標を用いた土壌病害抑止
2012/04- 現在  疾病特異的なバイオマーカーとしてのmiRNAの探索
2013/04-2015/03  Famsを用いたタンパク質機能予測に基づくdrug discovery
2014/04- 現在  主成分分析を用いた教師なし学習による変数選択
2017/04- 現在  テンソル分解を用いた教師なし学習による変数選択

著書:

Y-h. Taguchi, Unsupervised Feature Extraction applied to bioinformatics, Springer International, (2020)
田口善弘 生命はデジタルでできている(ブルーバックス 2019年)
田口善弘 砂時計の七不思議(中公新書 1995年)

論文:

Y-h. Taguchi, Turki Turki,
Mathematical formulation and application of kernel tensor decomposition based unsupervised feature extraction,
Knowledge-Based Systems,
Volume 217,2021年,106834,

Y. -H. Taguchi and T. Turki,
“Application of Tensor Decomposition to Gene Expression of Infection of Mouse Hepatitis Virus Can Identify Critical Human Genes and Effective Drugs for SARS-CoV-2 Infection,”
in IEEE Journal of Selected Topics in Signal Processing,
vol. 15, no. 3, pp. 746-758, 2021年

研究発表:

田口善弘 ,
テンソル分解を用いた教師無し学習による変数選択法用いたデータサイエンス,
AI・人工知能EXPO春アカデミックフォーラム,
2021/04/28,

Y-h. Taguchi, Turki Turki ,
In silico drug discovery for COVID-19 using gene expression profiles of mouse infected by MHV and those of human cell lines infected by SARS-CoV-2
7th Annual Congress of the European Society for Translational Medicine on Covid-19
2020/09/21,

   
※詳細については田口顧問の研究室サイトをご参照ください。